コラム

作ってみよう! 初めてのマンガ動画!~ペイント編~

マンガ制作

近年、カメラや動画ソフトなどの制作面の進化

さらにyoutubeやインスタなどのSNS、いわゆる配信面の普及もあり

誰でも簡単に動画を作れるように様々なツールができてきました。

今やスマホ一台があれば、撮影から編集さらに、配信までできてしまう時代になってきましたが。

ではマンガ動画はいかがでしょうか?

マンガ動画を作るのには、当然”絵”が必要になります。

ただし言い換えれば、絵さえ描ければ、あるいはもう絵が用意されていれば

あとは編集ソフトの力を使って、誰でも簡単に作れると言えます。

作ってみたいけど、どう描けばいいのか、どの編集ソフトがいいのか分からない

そういう方に向けて、今回は一緒にマンガ動画を作っていきましょう。

1:絵コンテを描いてみよう

まずマンガ動画はその名の通り、”動画”ですので

動画の設計図が必要になります。

実際に他人と作業を分担する場合や、仕事として、マンガ動画を作る場合は

認識を共有させるために、詳細な絵コンテが必要な場合もありますが。

まずは趣味で描く場合は、アナログで紙に描いたり

簡単な絵コンテで大丈夫ですので、頭の中にある動画のイメージと流れを確認しましょう。

絵コンテを描く際、考えないといけない重要な点は以下が挙げられます。

動画の長さ

動画の長さは、制作時間に直結しますので

大雑把に、どのくらいの長さの動画を作りたいかを確認します。

どうしても長さが分からない場合は

スマホなどで、セリフを読み上げたものを録音して

どのくらいの長さになるか測ってみるのもいいと思います。

動かしたいポイント

キャラクターや背景のどこを動かしたいのかによって

制作時間や、絵の描き方も変わってきますので

事前にどこまで動かしたいかの、想定をしておきましょう。

セリフの確認

もし音声を入れたい場合は、動画の長さに関わりますので

音声は動画制作と同時に、あるいは先行して作った方がいいので

絵コンテの時点でセリフを確定した方がいいと言えます。

絵コンテが完成すれば、次は動画用の絵を描いていきます

2:絵を描いてみよう

まずは”マンガ”動画なので、絵が必要になります。

基本的にマンガ動画を作ることを、想定して絵を描く場合は

アナログではなく、デジタルで描くことをお勧めします。

アニメのようにアナログで描いても、マンガ動画は作れなくはないですが

いずれにせよデジタルデータに変換する必要があるため

最初からデジタルデータで絵を描く方が、簡単でスムーズですし

修正したい場合も、素早く対応できます。

3:ペイントツールを選ぶ

ペイントツールに関しては、有料のものと無料のものがあります。

さらに、パソコンやタブレット・スマホのどれで描くかによっても少し違いがありますが。

最初はフリーソフトを使ったり

またはほとんどのペイントツールが無料期間を設けていたりしますので

“自分にとって使いやすいソフト”を選ぶのがいいかと思います。

そのほか、日本でよく使われているペイントツールはコチラ↓

*=フリーソフト

4:動画編集ソフトを選ぶ

現在、youtubeなどSNSで、動画を共有することが普及してきたことにより

多くの動画編集ソフトがリリースされてきました。

動画を初めて作る方などにとっては、どの編集ソフトを選べばいいか迷うところですが

一番安心、また他のペイントツールなどと互換性を考えると

Adobeの、premiere pro と After effectというソフトを選べば安心かと思います。

実写の映像の場合であっても、この両方、あるいは片方のソフトを使って

動画を作っている個人や、制作会社は多いのではないでしょうか。

premiere pro と After effectの違い

premiere pro と After effect、二つの編集ソフトをご紹介しましたが

もう少し詳しく紹介すると、どちらも動画編集ソフトではありますが、この二つのソフトには違いがあります。

プロの動画エディターはこの二つを組み合わせて、使うケースが多く

その用途は

After effect=素材制作

premiere pro=各素材をつなぎ合わせた、映像制作

簡単に言うと、各カットのテロップや、特殊効果をAfter effectで制作し

その制作した各カットをつなぎ合わせて

色調や音を調整して、一つの動画にするのがpremiere proというように

分けて使うことが多いようです。

それぞれ使える機能も違いがありますので

試してみるのも面白いと思います。

そしてpremiere pro や After effectと互換性があるのが

photoshopという、同じadobeのペイントツールになります。

マンガ動画を作る際も、絵を一度photoshopデータ、いわゆるPSDに変換して

動画編集ソフトに取り込む場合がほとんどです。

今回はたくさんのyoutuberさんが使用している

premiere pro というで編集することを想定して、絵を描いてみましょう。

よく使われる動画編集ソフト

初心者向け

玄人向け

*=フリーソフト

ペイントツールと動画編集ソフトの互換性

一番いいのは、photoshopに直接描くのが一番早いですが

今回は、日本で最も使われているペイントソフト

“CLIP STUDIO”を使って描いていきます

CLIP STUDIOはAdobeの動画編集ソフトと互換性はありませんが

Photoshopと互換性があるため、CLIP STUDIOで描いたものをPSDで保存して

動画編集ソフトに取り込みます。

現在ほとんどのペイントツールが、PSDで保存できる仕様になっているので

CLIP STUDIO以外のペイントツールでも大丈夫です。

ではCLIP STUDIOをダウンロードしていない方は

CLIP STUDIOをダウンロードして、描いていきましょう

コチラからダウンロード、無料体験版もあります

https://www.clipstudio.net/

CLIP STUDIOにはCLIP STUDIO PAINT と CLIP STUDIO EXがありますが

基本的にはCLIP STUDIO PAINTがイラスト制作向き

CLIP STUDIO EXがマンガ制作向きと言えます。

マンガ動画の場合はどちらでも大丈夫なので、今回はCLIP STUDIO PAINTで作っていきます。

ファイル設定は動画用に

まずマンガ動画を作る際に重要になってくるのが、ファイル設定になります。

どういうことかと言うと、ファイル設定、主にキャンパスサイズは動画用に作らないと

編集の際に困ってしまうことが多いです。

基本的に動画は16:9の画角で作りますので、1920×1080 pixelのサイズで描けば、特に問題はありません。

あまりキャンパスサイズを大きくしすぎると、ファイル容量が大きくなりすぎて。

パソコンのスペックによっては、編集ソフトに取り込めない、あるいは動作が重くなるなんてこともあります。

ファイル設定を終えたら、実際に描いていきます。

5:重要なレイヤー分け

ここで重要になってくるのが、レイヤーになります。

レイヤーとは、絵を重ねて描いた場合の階層を指します。

レイヤー分けをすればするほど、複雑な動きを可能にします。

今回は簡単に、人物フキダシ(セリフ)背景の三つをレイヤー分けしていきます。

そしてレイヤー分けをするということは

簡単に言うと、絵を重ねるということですので、重なった部分の絵も描くことで

より動きをつけることができます。

人物や、フキダシによって隠れている背景も描き加えましょう

隠れた部分の背景を描かないと、こうなります
しっかり背景を描けば・・・
キャラクターを動かしたりすることができます

ここでさらに注意しなければいけないのが着彩になります。

人物の裏の背景を描きこむということは

人物の着彩が、半透明や塗り残しがある場合など

人物を動かすと、背景の線や塗りが透けてしまい違和感が起きてしまうので

必ず人物やフキダシの塗りは丁寧に行いましょう。

しっかり塗らないと背景が透けてしまう

モノクロの場合でも、人物を白や黒で塗らないと、背景が透けてしまいます。

ここまで終われば、PSDとして保存します。

これでペイント作業はいったん終わりです。

次回は、絵のデータを、動画編集ソフトに取り込んで

マンガ動画を制作していきます。

動画編集編はコチラから↓


本格的にマンガ動画の制作を検討中の方は

弊社マンガビズまでお問い合わせください

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部