コラム

ランディングページ(LP)には漫画が効果大!スムーズな依頼方法も解説

広告マンガの知識

自社の製品やサービスをより効果的にアピールしたいという時には「ランディングページ(LP)」の活用が効果的です。

しかし、ただただ自社製品のメリットを文章で詰め込んだだけのLPでは、せっかくアクセスしてきたユーザーに「読みづらい」と思わせてしまい、一瞬で離脱されてしまいます。

このような状況を打開するために効果的であるのが、「ストーリー仕立ての漫画をLPの一部に挿入すること」です。ユーザーの目をとめ、興味の導入にもなるため文章パートの精読率を上げるという効果も期待できます。

今回の記事では、そもそもランディングページとは何なのかというところから、LPに漫画を使うメリットや制作会社に依頼する流れについて細かく解説していきます。

そもそもLPとは何か?

「ランディングページ(LP)」とは、ある特定の商品やサービスを紹介し、閲覧しているユーザーを想定する行動へ誘導することを目的とした広告用Webページです。

公式のホームページとは別のものとして作られることが多く、Google検索結果などで表示されるリスティング広告や、外部Webページのバナー・ディスプレイ広告などからアクセスされます。

LPが誘導する行動はその商材によってさまざまですが、主に以下のようなものがあります。

  • 商品購入
  • サービス申し込み
  • 資料請求
  • 問い合わせ

このような行動に誘導するためのユーザーの最初の「着陸地点」となるものがこのLPであり、自社サービスの魅力・競合との違いを示す必要があります。

ユーザーを引き寄せるLPに必要な要素とは?

単純に商材のよさを羅列するだけでは効果的なLPとはいえません。ユーザーを引き寄せるために以下のような要素を含んでいることが不可欠です。

ユーザーが読みたくなる外観・デザイン

まずはユーザーの目にとまるような外観やデザインのLPであることが重要です。

ページを開いてまず目に入るページ上部の冒頭部分は「ファーストビュー」と呼ばれ、これがユーザーの判断の基準になります。

ユーザーがそのページを読むか読まないかは3秒もかからず判断されるといわれており、この時点でいきなり文字ばかりの羅列が目に飛び込んできたり、デザイン性が乏しかったりするようでは、すぐにユーザーに離脱されてしまいます。

目的が1つに絞られている

LPはユーザーをある特定の行動に誘導することが目的であるため、そのページで行える行動を1つに絞ることでよりその効果が高まります。

商品購入やサービスの申し込み、資料請求や問い合わせなどLPが誘導できる行動は複数ありますが、2つ以上の誘導先を作ってしまうとユーザーを迷わせてしまい、結果、保留や離脱のきっかけを与えることになります。

また、目的地点が1ヶ所になることで、コンテンツの内容も高密度なものになりやすいです。

読みやすく、すぐに理解できるコンテンツ

ファーストビューでユーザーの目をとめられたとしても、コンテンツの内容を十分に理解してもらわなくては次の行動につながりません。

そのためにはファーストビュー以下のコンテンツが読みやすく、理解のしやすいというのが重要なポイントです。

Webサイトを巡回しているユーザーが1つのWebページに滞在する平均時間は15秒から1分ほどといわれており、ここまでに大体を読みきれる程度の文字数、かつシンプルな構成にする必要があります。

LPに漫画が効果的な理由

前項で解説したような要素を文字や画像のみで満たすことは簡単ではありません。しかし、漫画を使用すれば必要な要素をすべて含んだより効果の高いLPを容易に作れます。

内容を読んでくれる可能性が上がる

ファーストビューで視認できる位置に漫画があると、ユーザーの視線がとまり滞在が促され、LPの内容を詳しく読んでくれる可能性が上がります。

また、日本人にとって漫画は幼少の頃から慣れ親しんできた娯楽の1つであり、漫画自体がユーザーの興味を引くコンテンツにもなります。

ユーザーを自然な流れで誘導できる

ユーザーに購買を訴求するにあたり、最も重要なポイントは「その商品やサービスが自分にとって必要なものだと感じさせられるか」です。

想定するユーザーの悩みや不満を、漫画の登場人物の持つ悩みや不満として描き出すことで感情移入しやすくなり、商品の魅力が自然に強調され伝わります。

イラストがあるから親しみやすい

文章ばかりの内容であるとユーザーの読解力に頼る部分も生まれ、万人に親しみやすい広告にはなりません。

しかし漫画であれば、イラストで情報の補完ができるため文章量を減らせ、ユーザーの理解の速度が上がります。

また、文章では伝わりにくい表現も可能になるため、サービスの特性をより詳しく解説でき、競合との差別化を図れます。

漫画をLPに挿入する2つの方法

LP内に漫画を挿入する方法には、ページ内の1・2ヶ所に集中して設置する場合とページ全体に分散して配置する場合の2種類ありますが、その挿入箇所によって効果に違いがあります。

1・2ヶ所にまとめて入れて一気に魅力を伝える

LPページの冒頭のみ、または冒頭ともう1ヶ所のみに漫画を挿入し、ユーザーにストーリーを一気に読ませる「集中型」であれば、ユーザーに短い時間で商品やサービスの魅力を伝えられます。

冒頭に漫画が続くことによって初期のユーザーの離脱を抑止する効果もありますが、そのぶん漫画以降の文章コンテンツを読み飛ばされてしまう可能性も増加します。

そもそも、その商品に興味のある顕在ユーザーの刈り取りに有効な方法です。

全体の構成に沿って補足的に漫画を入れる

冒頭からクロージングにかけて構成された文章コンテンツの合間に1つのストーリーの漫画を分割して配置する方法で、「分散型」と呼ばれます。

漫画が文章コンテンツの補足的な役割を果たし全体の流れに組み込まれるため、ユーザーに文章コンテンツの精読を促す効果があります。

集中型と比べファーストビューでの訴求力に劣りますが、一度目にとまれば潜在的需要を持つユーザーの掘り起こしが可能です。

こうしたマンガLPの構成については下記記事でメリット・デメリットをご紹介しています。

漫画LPは制作会社への依頼がおすすめ

当然ながら漫画を描くためには熟練したスキルが必要です。

さらに自社サービスを絡めた上で違和感のないストーリーを作るスキルも必要であり、一般企業での内製化は現実的ではありません。

そのため、これらを一手に引き受けてもらえる制作会社への依頼が漫画LP作成に最もおすすめの方法です。

依頼から完成までの流れ

実際にLP用の漫画の完成までには以下のような段階を踏んでいきます。

  • 1.ヒアリング・提案・見積り
  • 2.契約・打ち合わせ
  • 3.ストーリー作成・漫画家決定
  • 4.ネーム・キャラクターデザイン作成
  • 5.ペン入れ・着彩・納品

ヒアリングから完成品の納品までの期間はおよそ1ヶ月前後が目安となります。

また、効果的な漫画を作成するために、「ターゲットはどの層なのか」「サービスの魅力はどういったものなのか」などをヒアリングや打ち合わせの段階で制作会社と緊密にすり合わせておくことが重要です。

漫画LP制作の費用

LPに挿入する漫画制作にかかる費用は、原稿や素材の有無で大きく変動します。マンガ部分2ページ、高さ10,000~15,000pxの場合、制作費用の目安は25万~50万円です。

なお、上記の費用にはデザイン・コーディング(レスポンシブ)が含まれます。制作会社によっても金額が異なりますので、まずは問い合わせをしてみることをおすすめします。

まとめ

自社商品やサービスのメリット魅力を効率的にユーザーに伝えるためには「ランディングページ(LP)」を使った広告が効果的です。1つのWebページで集中して解説でき、さらにそのページから直接購買や契約など目的の行動に誘導できます。

しかし、LPの最も大きな難関は「訪問ユーザーに途中離脱されずに読んでもらうこと」です。

この問題の解決には「漫画」を利用することが有効です。日本人に親しみ深い漫画という形態は、ユーザーの目をとめ、感情移入を促し、複雑な内容をわかりやすく表現できるといった効果をもたらしてくれます。

LP漫画の制作を自社で行うには大変な労力が必要なため、一般的にはLP漫画制作を請け負う制作会社に依頼をするケースがほとんどです。 当社「マンガビズ」では、丁寧なヒアリングと多彩な漫画家のラインナップで理想の漫画制作のお手伝いが可能です。ぜひ一度ご相談ください。

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部