コラム

広告マンガのシナリオの王道パターン

広告マンガの知識

1: 悩める主人公の登場

―広告マンガで達成したいこと―

広告マンガは、マンガを制作し、読んで楽しんでもらうことだけではなく

紹介される、商品やサービスなどを利用、購入してもらうことが

最終的な目標と言えるでしょう。

そのためには、その商品やサービスを利用する必要がある人物を登場させる

ことが多くあります。

―重要な要素“共感”―

例えばある育毛剤を広告マンガでPRしたい場合

やはり薄毛に悩む人物を主人公に据えるパターンが王道だと言えます。

育毛剤を検討している方により“共感”してもらうことが

重要であり、その方たちに訴えることにより、育毛剤を購入していただける

可能性も高くなると言えます。

2: 実際に起こりうる失敗エピソード

―より深く“共感”―

“共感”してもらうことが重要と先述しましたが、例えば薄毛の場合

何に悩んでいるのか、薄毛であることによりどういうマイナスな要素を抱えているかを

エピソードを交えて、表現できることは、マンガならではだと言えます。

―エピソードに“共感”―

例えば薄毛の場合、「薄毛であることが原因で、女性に振られた」や

「周りの人に馬鹿にされた」、「年齢より老けて見られた」など様々ですが

そういった実際に起こりえるエピソードをマンガで表現することで

登場人物に“共感”し、自分のことにように感情移入するということが

起こりえます。

そして“共感”することにより、より深く読者に商品やサービスのよさを訴えることが可能になります。

3: 解決策を提示

―商品やサービスを登場させる―

商品やサービスをPRしたい場合は、その商品によってどう悩みが解決されるか提示しないと、その商品のよさをアピールできるとは言えないでしょう。

例えば育毛剤の場合、薄毛に悩んでいる主人公がその育毛剤を使用することにより

髪が育毛され、悩みが解決されないことには。

単純に読者と悩みを“共感”したにすぎません。

―独自のアピールポイントで解決策を提示―

解決方法に悩み、手をこまねいている読者に、こういう解決方法があったのかと

解決策を提示してあげることにより、読者が登場人物と同じように、自らの悩みをその育毛剤で解決するため

実際に商品を手に取り、購入することが予想されます。

しかしその育毛剤を使えば、薄毛が治りますでは、競合する他の商品やサービスとの

差別化を図ることができません。

その商品独自のアピールポイントを提示することが重要になってきます。

例えば「値段が安い」「生えてくるまでの時間が短い」「より多く生えてくる」

「より多くの人が利用している」「有名なあの方が利用してる」など

他の商品にはない、あるいはそれを上回るメリットを提示することも大事な要素になります。

4: 解決

2の実際のエピソードに関連し、実際に育毛剤を使い、髪の毛が生えただけでなく

生えたことにより、どう登場人物の悩みが解決されたのか

例えば「振られた女の子に、もう一度アタックしたら成功した」

「馬鹿にされるどころか、かっこいいと褒められた」

「笑顔が増えた」など

登場人物の人生がどう好転したかを、マンガで表現してあげることで

購入者にも、その商品を利用することによって、もたらされる利益を提示することが可能だと言えます。

4: 王道パターン

広告マンガのシナリオの王道パターンの一つとして

1: 悩める主人公の登場

2: 実際に起こりうる失敗エピソード

3: 解決策を提示

4: 解決

と紹介しました、実際に商品の購入を検討している方などは

「本当に効くのか」、「お金の無駄遣いにならないか」、「値段が高いんじゃないか」など、商品に対しても様々な不安を抱えています。

その不安要素を取り除き、商品の購入を促す。

広告としての重要な役割を、広告マンガでより深く、印象的に訴求することが可能になります。

まとめ

広告マンガの場合は、ページ数が少ないことが多いですので

重要なのは、少ないページ数の中で、以下に伝えたいポイントをストーリーに沿って

分かりやすく伝えることができるか。

どんなにかっこいい絵でも、きれいなコマ割りであっても

マンガの場合は内容が伝わっていないと

”広告”として、望んでいる効果が達成できる可能性は低いと言えます。

まずはしっかりと伝えたい情報が、伝わっているかを最重要に考え

その上で、独自性や奇抜な展開を作っていくことが重要だと言えます。

広告マンガを制作したいけど、どういうプロットがいいのかお悩みの方は

是非弊社マンガビズにご相談ください。

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部