コラム

広告マンガの作り方 6)タッチをどうやって決めるか

広告マンガの知識

マンガを制作する上で、マンガの絵柄、つまりタッチを決めないといけません。

広告マンガの場合は、タッチが事前に決まっていない場合、制作会社によって多数の作家から選ぶことが可能になります。

タッチは作家により千差万別で、これまで多くのタッチが生まれてきました。

この作家を選ぶという作業こそが、ある意味タッチを選ぶということにつながり

そしてマンガのテイストのみならず、その広告効果に大きく影響することになります。

1:時代によって、タッチの流行が変化する

マンガのタッチは、時代により、さまざま変化してきました。

特に絵を描く際のツールが、アナログからデジタルに変わることによって

様々な表現方法が可能になり、作家さんの技術の裾野も広がり

個性的な作家さんや、卓越した技術の作家さんも増えてきました。

それでは時代によってどのようにタッチが変化してきたか

それは商業マンガの歴史を見ていくと、分かりやすいです。

マンガ創成期

最も古く、世間一般に知れ渡っている“タッチ”でいえば

『北斎漫画』というマンガがあります。

その名のとおり、江戸時代に葛飾北斎が描いたマンガで

 浮世絵風に描かれたタッチは、ジャンプで連載されていた

仲間りょう作

『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~などでも描かれ』

などで描かれ人気を博し、今でも、CMなどの広告にも使用されるほど

広く一般的に認識された、“タッチ”と言えます。

手塚治虫の時代

戦後、”マンガの神様”と言われた手塚治虫は

今の時代に続く、世界に誇るマンガ文化を築き

そのあとに続くマンガ家たちに、多大な影響を今も与え続けています

手塚治虫が発明した”タッチ”は

手塚治虫自身もディズニーから大きな影響を受け、ディズニースタイルとも呼ばれました

その特徴として

キャラクターは、目・鼻・口・髪などのいろんなパターンのパーツ(記号)の組み合わせでできたモノで、、さらに、コマ・吹き出し・効果線などのパーツ(記号)も組み合わせることで表情、表現豊かなマンガがつくられていくというもので、今では当たり前のように描かれているマンガの手法は、手塚治虫が発明したと言っても過言ではありません。

手塚治虫風タッチ

劇画ブーム

50年代後半には『幽霊タクシー』『忍者武芸帖』など、青年向けのリアルな描写のマンガが辰巳ヨシヒロによって「劇画」と名付けられ、後の「劇画ブーム」の先駆けになります

劇画風

手塚治虫と劇画を受け継ぐマンガ家たち

この手塚治虫が確立したマンガのタッチと、”劇画”と呼ばれるタッチは

その後、多くの作家にその”タッチ”を受け継ぎ、進化してきました

特に、60年代に入ると、トキワ壮で有名な、“藤子不二雄”、“赤塚不二夫”、“石ノ森章太郎”など、今でも国民的な作品を生み出してきた作家たち

は手塚治虫に憧れ、その手法を自分たちなりに進化させました。

一方で、さいとうたかお”や川崎のぼるらを中心にした劇画作家たちも活躍します。

、若者向けにつくられた劇画は、その当時、盛んだった学生運動と相まって、社会的なブームになりました。

この手塚治虫が作り上げたタッチと劇画タッチは

50年以上たった今でも、広く知られ、好まれるタッチです

広告的にも、インパクトがあり

広告マンガのせいさくで劇画タッチのご依頼は多くあります。

マンガ雑誌の登場

70年代に入ると、マンガ産業はより一層活性化し

その人気とともに、次々マンガ雑誌が発行され、新進気鋭のマンガ家が登場し、それに比例し”タッチ”も増えていきます。

大きな動きでは、『ベルサイユのばら』『エースをねらえ!』などがヒットして”少女マンガ”の人気にも火が点きます。

少女マンガは、それまでの手塚治虫風タッチや、劇画タッチとはまた一線をきす”タッチ”を確立していき、現代でも少女マンガは独立したマンガ文化を築いてきました。

2Dから3Dへ、マンガ技術の進化

1980年代は、手塚治虫からも「後継者」として認められていたという鳥山明が活躍、この天才の登場によって、マンガは平面的な絵(2D)から立体的で奥行きのある絵(3D)に進化したと言われています。

そして、その鳥山明に負けず劣らない天才たち、

あだち充” “大友克洋” “宮崎駿”

らの活躍によって、マンガ界に新風が吹きました。

『ドラゴボール』『AKIRA』『風の谷のナウシカ』(1984)などが大ヒットして、日本のマンガ・アニメは世界からも注目を集めるようになります。

このころには、それぞれの作家が、それぞれの”タッチ”を作り上げ

いわゆる”オリジナリティ”が重要視される時代がやってきます。

そのためマンガの”タッチ”もより多種多様に増えていきます。

確立された、少年マンガの黄金期

90年代に入ると、少年ジャンプを筆頭に少年マンガ雑誌が

マンガ文化の先頭にたち引っ張っていくことになります。

ドラゴンボールやスラムダンクに見られるような

整ったきれいなタッチだけではなく、荒々しくも迫力があり

“動き”を重要視した”タッチ”が増えていき。

手塚治虫風、劇画風、少女マンガ風に続く

少年マンガ風という”タッチ”を築き上げます。

メディアミックス化されていくマンガ

2000年代に入ると

90年代の少年マンガ一大ブームを皮切りに

ヒットしたマンガはもれなく、アニメ化や実写ドラマ化、ゲーム化などメディアミックス化されていきます。

マンガのみならずアニメ、さらには秋葉原と言う場所がポップカルチャーの中心として、世界に紹介され、オタク文化というものが注目され始めました。

そんな動きから、”萌え”という言葉が生まれ

“萌え系”というテイストやタッチが生まれます。

単純にかわいい少女を描くことが”萌え系”と認識されがちですが

その中には、アニメやゲーム、アイドルなど様々な要素から生まれたものが含まれており。

また冒頭で説明したように、デジタルツールの進化で表現できる幅が広がったことにより、デッサン力や、色彩豊かな色使いなど、技術面でも高度なテクニックが求められるようになりました。

SNS発のマンガ

一方でSNSとうツールが出てきたことによって

それまで雑誌や、単行本、WEBマンガなどでしか、マンガを売り出すことはほとんどできませんでしたが。

2000年代から2010年代にかけて、Twitterやインスタグラム、ファイスブックなどのSNSが急速に発展していった結果、誰もがマンガを描き、世界の人々に発信することが可能になりました。

特に、自身の体験などを時間をかけずに、キャラクターをデフォルメしシンプルに描いた、エッセイマンガがSNS発で人気になり

その中で、エッセイマンガ風やデフォルメなどのタッチが

人気になっていきました。

このように、その時代に流行ったマンガだけでなく、文化などをも巻き込み

タッチは、様々に枝分かれしていきました。

2:タッチによって、ターゲットが変わる

時代によって、タッチが変化してきた言いましたが

つまりは、タッチによって、訴求しやすい年齢層が自ずと設定されることにもなります。

例えば、10~20代の女性向けに広告マンガを制作する際に

劇画タッチでマンガを制作しても訴求率は低く

やはりよりその年代が少女マンガやアニメで慣れ親しんだ

少女マンガ風のタッチ、あるいはかわいいテイストの

デフォルメタッチを選択することが有効と言えます。

逆に団塊の世代である、50~60代の男性に

少女マンガのタッチで描いても、訴求することは難しいと言えます

スポ魂マンガやヤンキーマンガなど、その時代に流行り、その世代が慣れ親しんだ、劇画タッチなどを用いることで、親しみやすさ

さらにその世代をターゲットにしていると言う、分かりやすさも同時にアピールできます。

これは偏に、マンガそのものが、何十年にもわたり国民的な娯楽のツールであり、誰もが少年・少女時代に一度はマンガを楽しんだ

経験があるといえるくらい、浸透しているため

性別や世代によって、好みが分かれると言えます。

3:業界や商品によって、タッチを変える

広告マンガで何をPRするかによっても、考えてタッチを選らばなければいけません。

例えば、タスク管理アプリや会計ソフトなど、ビジネスで使うツールをPRする際は、そのツールの内容にもよりますが、実際の現場でそのツールを使う場面を、想起できるリアルなタッチでマンガを描くことで、よりリアリティをもって、その商品を紹介することができます。

そのほかにも、その業界がもつイメージを逆手にとることも可能です。

例えば男性が多い建築業界などは

どうしても肉体労働で過酷な労働という

イメージを少なからず持たれがちで

実際の現場とは違うイメージを、誇張されて持たれることにより

採用活動に支障をきたすこともあります

そのため、劇画タッチや、格闘マンガタッチで描くと

業界のイメージにはピッタリかもしれませんが

よりガテン系のイメージが強く出るため

より幅広い人材を採用することは困難になります

そこでガテン系のイメージとは違う

丁寧なリアルなタッチ、あるいはデフォルメタッチなどで描くことでそういうイメージを払拭することが可能です。

まとめ

広告マンガでタッチを選択することは

例えばCMの場合だと、出演者を選ぶのに近いと言えます。

例えば、10代、20代の若者向けの商品をCMでPRする場合

やはり10代、20代に人気の芸能人やスポーツ選手などを

起用することが多いと思いますが。

その他多くのCM・広告の中から、注目され、商品ならば購入

に辿り着くためには、よりその年代や、性別、学校や企業などの特定の組織など“誰に”を想定してPRするかが、タッチを選ぶ際でも、準備として重要になります。

どのタッチで訴求すればいいか、あるいは多くのタッチがある中、どのタッチがいいのか分からないなどでお悩みの方は

ぜひ弊社マンガビズにご相談ください。

そのほか、広告マンガの作り方シリーズのコラムは以下から

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部