コラム

マンガを使用したWEBサイトの特徴や注意点について

広告マンガの知識

情報を提供するための媒体は様々なものがありますが、特に今の時代用いられているのは間違いなくWEBサイトです。
パソコンやスマートフォンなどから閲覧でき、多くの人たちがWEBサイトを見ています。
ですからWEBサイトの活用方法次第では、プロモーション効果を極限まで高めることも夢ではありません。

ここではWEBサイトにビジネスマンガを使用した時の注意点や特徴について案内します。

WEBサイトにビジネスマンガを用いる

掲載できる情報量の多さや即時性など、WEBサイトにはあらゆるメリットがあります。
例え間違った情報を発信したとしても、すぐさま変更できますし、一部の発信者だけではなく一般的な消費者も情報発信者となり得ることができます。
これはかなり大きなメリットとしてとらえられ、WEBサイトが情報発信媒体の王様だと言われる所以はここにあります。

ただしで影響力の大きさが知られているあまり、たくさんの企業がすでにWEBサイトを制作して発信しています。
ということはありきたりな情報では埋もれてしまいますし、勝ち抜くためには他にはない工夫も必要となるでしょう。

そんなときにおすすめしたいのがビジネスマンガをWEBサイトに掲載するという方法で、コンテンツに幅を持たせられます。
ユーザーに興味を持ってもらうために様々な施策がなされていますが、マンガは興味をそそられやすいという特徴があります。
アピールしたい情報に関連するマンガの内容であればより効果を発揮してくれ、活字文章によるアピール以上の効果がもたらされます。

WEBサイトにビジネスマンガを利用する時の注意点

WEBサイトといってもその規模はそれぞれ異なり、目立つ部分もあればほぼアクセスされないページもあるでしょう。
せっかくマンガ広告をコンテンツとして活用するのであれば、目立ちやすいところに掲載することが望ましいです。
そうでなければユーザーにマンガを見てもらえず、制作した意味がなくなるので注意が必要です。

他にはパソコン以外にもスマートフォンやタブレットからアクセスする人もいるということを覚えておきましょう。
特にスマホの場合、マンガのコマ割りや掲載方法によっては見にくくなってしまう点も要注意です。

またWEBサイトは他の情報発信媒体以上に様々な人たちが見ることになるので、それぞれのターゲットに合わせたマンガを複数用意しておくことも重要です。

おわりに

ビジネスマンガの活用の場面はいろいろとありますが、情報発信媒体の王様でもあるWEBサイトでも利用できます。
コンテンツの幅を広げられ、ユーザーにアクセスしてもらいやすく、さらに隅々まで読んでもらいやすくなります。

WEBサイトにビジネスマンガを掲載しようと考えておられる場合は、是非ともマンガビズに制作をご依頼ください。

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部