コラム

ビジネスマンガというWEBコンテンツ

広告マンガの知識

サイトを制作および運営している人にとって、SEO対策やPV数アップ対策は継続的に取り組む必要のある重要な課題です。具体的には、サイト内のコンテンツを充実させるために、掲載する記事を増やすことや、適切な動画を組み込むことなどが挙げられるでしょう。

加えて、最近ではビジネスマンガをWEBコンテンツとしてサイトに組み入れるという手法も注目されています。WEBコンテンツとしてのビジネスマンガが持つ魅力について考えてみましょう。

高い訴求力を持つのがビジネスマンガの魅力

ビジネスマンガの持つ魅力は「あらゆる年代へ短時間で訴求できる」という点にあります。

マンガは子どもから大人まであまり抵抗感を抱かれる心配がない情報媒体です。内容を容易に把握できるため、ほとんどの人は読み始めたら最後まで目を通してくれるというのも大きな魅力といえるでしょう。加えて、多くの人はマンガをスピーディーに読むことができますから、読み切った後に「時間を浪費してしまった」というネガティブな感情を抱かれにくい特異なWEBコンテンツなのです。

文章のみで構成されたWEB記事の場合、導入部分で「面白くない」「自分には関係ない」と感じてしまうと、大抵の人はそのページからすぐに離脱してしまいます。動画に関しても同様で、イントロダクションが興味深い仕上がりになっていないと、最後まで視聴してもらうことはできません。

商品の広告などに関する情報は、文章であれば結論部分に記載するのが普通で、動画に関しても同様です。ですから、途中でページを閉じられてしまうと、消費者に対してほとんど何も訴求しない状態で終わってしまうことなります。

一方、ビジネスマンガは先述の通り、最後まで読んでもらえる可能性が非常に高いため、訴求力は抜群に高いコンテンツということができるわけです。「キャッチコピーがほとんど不要」という点もビジネスマンガの強みです。

動画コンテンツを作る場合、サムネイルに分かりやすいキャッチコピーを入れることで消費者の関心を高める必要があります。文章メインのコンテンツも同様で、タイトルやサブタイトルなどにインパクトのあるフレーズを入れることが欠かせません。

一方、マンガは存在そのものが見る人の関心や好奇心を刺激するユニークな制作物であるため、消費者を引き付けるようなキャッチコピーを別途準備する必要がほぼありません。こうした背景に基づき、事業形態や事業規模に関わりなく、多くの企業やメーカーがこのWEBコンテンツを導入するという結果につながっているわけです。

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部