コラム

ビジネスマンガによる広告戦略のメリットと注意点

広告マンガの知識

ビジネスマンガの登場によって、インターネット上の広告戦略は大きく変化したといわれています。このツールには見る人を引き付ける力があるだけでなく、消費者を特定の行動へ促すもしくは購買意欲を高めるという訴求力も兼ね備えているからです。

そのため、このプロモーションツールの活用を検討する企業やメーカーは増え続けています。この記事では、ビジネスマンガを利用するメリットおよび注意すべきポイントについて調べていきましょう。

ビジネスマンガを使うメリットとは

最も大きなメリットは「メッセージを簡潔に伝えられる」という点です。

カラフルなイラストと興味深いストーリーを巧みに組み合わせることにより、読者の好奇心をそそりやすいことに加えて、その中にどんなメッセージが含まれているのかが容易に推測できるというわけです。活字のみで構成された広告と比較して、見る人に具体的なイメージを持ってもらいやすいという利点もあります。

「最後まで見てもらえる」という点もビジネスマンガの持つメリットです。

マンガはイラストが大部分を占めるため、含まれる文章は一般的にそれほど多くありません。ですから、消費者は非常に短い時間で作品を読み終えることができます。同時に、製作する側からすると、わずか数コマにいろいろな情報を詰め込むことができるため、省スペースでプロモーションができるという利点もあります。加えて、マンガにはさまざまな技法があるので、文章だけのものと比べて見た目にインパクトのあるものが作りやすいというのも魅力です。

広告戦略を練る上での注意点

このように、ビジネスマンガを広告で活用することには様々なメリットが存在します。一方で、マンガだからこそ注意しなければならない点も存在します。

その中の一つとして、「細かい説明には向いていない」という点が挙げられます。
例えば商品プロモーションで広告マンガを使うとき、
・商品を使ったらどのような効果が得られるのか
・商品はどのような人に向いているのか
といった、「ストーリーで説明することで、より具体的なイメージを持ってもらう」内容についてはマンガは非常に高いパフォーマンスを発揮します。

一方で、
・商品にどのような成分が含まれているのか
・商品を実際に使うときにどのような動きをするのか
といったような、ストーリーで説明するよりモノを見せたほうが早いような内容だと、マンガである必要はありません。おそらく、動画を使ったほうがスムーズにアピールができるのではないでしょうか。

マンガを作る前に目的を明確にしよう

ビジネスマンガが持っていて、他のコンテンツには無い強み、それを活かすことができて初めて「広告マンガ」として有意義なコンテンツが生まれます。

具体的には
・自由な描写(過去未来現在/架空のキャラクター・舞台・設定など)
⇒商品を最大限アピールしやすい環境をマンガならかんたんに作ることができる
・ストーリー性、疑似体験
⇒登場人物のセリフを読みすすめることで、まるで自分が体験しているかのように内容の理解ができる
という点を意識しましょう。

広告戦略の前提として、「なぜマンガなのか」という目的意識は明確に持った上で制作をすることをオススメします。
マンガビズでは、「マンガならこういったアプローチができます」という戦略設計から丸投げで制作が可能です。
マンガを使ってみたいとお考えであれば、まずはご相談のご連絡をお待ちしております。

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部