コラム

採用マンガの制作にはいくらかかるのか?予算相場を分析

マンガの活用方法

採用マンガに興味を持たれている方が気にするのが、費用の部分ではないでしょうか。マンガ制作は動画に比べて制作会社も少なく、料金も公開されている数字が少ないため、予算感が分からず二の足を踏んでいる人事担当の方も多いのでは。

この記事では、マンガビズが採用マンガを制作する際の料金についてご紹介していきます。他社様との比較にお役立てください。

採用マンガの制作費用は何によって決まる?

採用漫画の相場を語る際には、「どのようにして費用が決まるのか」ということに触れる必要があります。なぜなら、採用マンガはコンテンツとしてレベル感の幅が広いため、一概に「いくらあれば作れますよ」と伝えづらいためです。

具体的には
・ページ数
・モノクロorカラー
・二次利用の有無
・マンガ以外のページ作成の有無
という点で費用がおおむね決まってきます。

ページ数

採用マンガで1ページのマンガを作るということは、あまり経験がありません。やはり、会社の魅力を伝えたり、業務の具体的内容を分かりやすくストーリーにするには、それなりのページ数が必要になってきます。また、短いページだと手軽に読める一方、読み応えとしても軽いため、印象・記憶に残りづらいマンガになってしまいます。

少ないページだと8ページの小冊子レベル、多くは20~30ページのマンガ一話分、力を入れる企業は100~120ページの冊子、という形で制作をするパターンが多いのではないでしょうか。

モノクロ・カラー

マンガの料金はカラー原稿かモノクロ原稿かで1ページあたりの制作金額が変わります。マンガビズではモノクロ原稿の場合、1ページの制作単価を5,000円ディスカウントさせていただいております。

二次利用の有無

マンガをウェブ媒体で使うのか、印刷して使うのか、両方で使うのか。利用範囲によって料金がかわる制作会社も存在します。また、せっかく作ったマンガだからパンフレットやウェブサイトにもキャラクターを流用したいとお考えの方は多いと思いますが、その場合も二次利用費が発生する場合があります。

マンガビズでは複数媒体の利用やキャラクターの抜き取りなどはあらかじめ制作料金のなかに含んでおりますので追加費用は発生しませんが、出来る限り多くの媒体で露出することに越したことはありませんので、二次利用で料金が変動するかどうかは事前に確認することをオススメします。

マンガ以外のページ作成の有無

50ページを超えるマンガになってきた際に、マンガの内容を章立てして話数を分割することがあります。こうしたとき、見出しやトビラなどを作成する必要があります。また、冊子にする場合は表紙デザインも必要となってきますので、表紙制作費用も別途発生します。

あるいはテキストベースの会社紹介や、コラムのようなコンテンツを入れ込むことが必要なケースだと、デザイン費・写植費が必要であることも覚えておきましょう。

相場は40万~150万と、幅が広い

こうした考え方で、それぞれの企業の予算感とご要望をみて企画を作成していきます。

小冊子であれば30~50万、100ページを超える場合は150万以上くらいを予算として見ておくとよいでしょう。

ページ数は「伝えたいメッセージ」によって変動しますので、ざっくりと予算を計算する前に一度お問い合わせを頂き、企画を提出するタイミングのお見積りを見ていただくのがスムーズかと存じます。

伝えたいメッセージをあらかじめ決めることで企画進行費を削減

なお、上記の費用のうち、実は「企画進行費」が大きな割合を占めています。意外に思われるかもしれませんが、採用マンガは会社の顔となり、新卒や中途採用の人材を勧誘する重要な営業ツールです。ターゲットに合わせた企画設計から魅力的なシナリオ、全体構成など、綿密な計画のもと制作を行います。

ここで重要になるのが、企業が採用マンガを通じて「どんなターゲットに対して」「どんなメッセージを伝えて」「どのようなアクションをしてもらいたいのか」というポイントです。

採用マンガを制作しているなかでのあるあるですが、「もっとこの情報を伝えたい」「こんなエピソードもいれたい」「社長をもっと出したい」「現場の人間を…」といったように、当初の企画からどんどんメッセージを増やしていきたくなるものです。しかし、メッセージが増えるということはページ数が圧迫されるということ。コマ割りは窮屈になり、マンガとしてのテンポも薄れ、結果として読みづらいマンガになってしまうこともあります。

事前に上記のポイントを整理して、会社としての統一見解を持っていただくことができれば、企画進行が非常にスムーズになります。その場合は制作金額を抑えてお見積りを作成することが可能です。

マンガビズ編集部

この記事を書いたのは…

マンガビズ編集部