どうしてマンガはビジネスと相性が良いのか?
広告マンガが増えた理由とは

書店で「マンガでわかる○○」という本を目にする機会が増えました。ウェブ広告においてマンガを使ったバナーを利用している企業も増えてきています。ダウンロード資料としてマンガを活用している会社や、採用ツールとしてマンガ冊子を配っている企業もあります。

どうしてマンガがビジネスで使われるようになったのでしょうか?その理由は、マンガの持つ強みがビジネスと相性が良いからです。

マンガの強み

ビジネスにおけるマンガのメリットは、大きくわけて下記の3つが代表的です。

  • マンガは「読みやすい」ので「選ばれやすい」
  • マンガは「分かりやすく」、「記憶に残る」
  • マンガは「プラスの影響を与える」

マンガというコンテンツは大衆向けに普及したものですが、古くは社説・風刺に使われるなど、実はビジネスとの相性が良いとされています。「マンガでわかる日本の歴史」「マンガで知るカップラーメン」といった学習まんがを子供時代に読んだことがある方も多いのではないでしょうか。

マンガを広告・ビジネスで活用する際のメリットを一言でまとめると、「目立つし分かりやすい」ということが言えます。目立つということは広告において非常に重要ですし、分かりやすいということは読み手のハードルを下げ理解度を高めるため行動を喚起しやすくなります。

広告マンガ制作のパターン

マンガ制作の種類としては、下記のようなサービスが一般的です。すでに制作したいコンテンツが固まっている場合は、下記のページで詳しくサービス紹介をしています。それぞれマンガの使い方や企画のポイントがありますので、個別にご覧ください。

マンガLP

ランディングページにマンガを使うことで、ファーストビューの離脱を防ぎ、スクロール率を高めることが期待できます。

マンガ冊子

マンガを読みたいという欲求を活かして、資料ダウンロードやサービス紹介に活用が可能です。

マンガチラシ・パンフレット

チラシやパンフレットは目立ってこそ。マンガを使うことで他社と比較しても埋もれないフライヤーを作成できます。

マンガ動画

マンガに音声と演出を加えて動画化することで、様々なメディアでの出稿を可能にします。

mark

マンガビズならまるっとお任せで
マンガ制作が可能

 マンガ活用方法の企画からお任せください

ターゲットユーザーの属性と、サービスの訴求内容を元に、ランディングページの企画・ワイヤー作成から、マンガのシナリオ設計までをワンストップで対応いたします。

どの部分にマンガを使えばユーザーの離脱を抑え、コンバージョンに繋がりやすくできるのかという観点でマンガのシナリオ設計を行います。

 シナリオをゼロから制作します

ランディングページはコンバージョンを獲得するためのページです。作って終わりでは意味がありません。マンガビズでは、制作後3ヶ月間の改善提案・対応をセットで提供しています。

メインビジュアルの変更、セクションの入れ替え、CTAボタンの場所変更、キャッチコピーの変更など、成果を最大化するための様々な提案をいたします。

マンガビズの強み

flow_seconduse01

打ち合わせをベースに
ストーリーをゼロから制作

シナリオライターが御社のご要望にあわせたオリジナルストーリーを制作し、広告マンガならではのポイントを押さえて企画を提出します。

flow_seconduse01

トライアルを通過した
厳選されたマンガ家を推薦

御社のターゲットユーザーに合わせた最適な絵柄を描けるマンガ家を選定し、広告効果が最大限受けられるようにアシストします。

flow_seconduse01

様々な事例を元に
マンガ活用方法をご提案

マンガビズは広告マンガに特化した制作会社です。制作実績と、豊富なウェブマーケティングの知識を元に、マンガの価値を最大限引き出せる活用方法をご提案します。

ビジネスからエンタメまで様々な絵柄に対応

自社のターゲットにはどういう絵柄が向いているのだろう…?と悩む必要はありません。
様々なタッチのマンガ家をかかえていますので、御社にオススメの絵柄をマンガビズが提案いたします。

制作フロー

広告マンガの制作は企画から納品まで、平均的に1ヶ月から1.5ヶ月となっています。10ページを超える場合や、ランディングページ制作や動画制作などが含まれる場合は別途スケジューリングいたします。

修正が少なく、企画もスムーズに進んだ場合はこの限りではありません。

広告・ビジネスマンガの活用・制作ノウハウ

ウェブページに掲載

一概にマンガを使うといっても、ウェブサイトでマンガを使うのか、LPにマンガを使うのか、動画でマンガを使うのか、チラシやパンフレットにマンガを入れるのか、あるいはSNSで拡散を狙うのか…その利用方法は幅広く、多くの選択肢があります。

更に、例えばウェブサイト用にマンガ制作をするにしても、メインビジュアルをマンガにするのか、TOPページの目立つところにマンガを入れるのか、マンガコンテンツを作るのか、資料ダウンロード用に使うのか…目的に応じた利用方法を検討しておく必要があります。

マンガビズなら、これまで広告マンガを幅広く制作してきた経験を元に、御社の課題解決のためにどのようなマンガを制作して、どのように活用すればいいのかを企画からご提案可能です。

ウェブメディアのコンテンツ・記事としてマンガを利用

ウェブサイトを彩るコンテンツとしてマンガを活用してみませんか?マンガの特徴である「読んでもらえる」という強みを活かして、直帰率や滞在時間の改善に役立てましょう。

例えば「はじめての方へ」というページを用意しているウェブサイトは多いですが、そのコンテンツをマンガにすることで、より読まれる可能性を高めるだけではなく、理解度を深めるサポートが可能です。

マンガビズの制作案件の一つのとあるメディアでは、マンガをサムネイルに使った記事が、他の記事よりPVが1.5~2倍近く増えたという実績もあります。

リード・見込み顧客獲得用のフックコンテンツに

自社の見込み客を増やしたい…そんなときは、マンガを使った資料を作成して、リード獲得に役立てましょう。

例えば「SEOの基礎知識」というホワイトペーパーを用意していて、ダウンロード数が増えないというときは、「マンガでわかるSEOの基礎知識」というコンテンツにする、というものです。

リード獲得のための第一歩は、いかに資料自体に興味を持ってもらえるか。マンガで興味付けをすることで、「続きを読みたい」というユーザーを御社のリードとして獲得することが期待できます。

展示会やセミナーで配布

「展示会に参加したけど、なかなかブースに来てもらえない…」「セミナーの参加者が伸び悩んでいる…」そんなときはマンガを制作して、ターゲットユーザーの関心を引くのも一つの手です。

例えばブースのイメージをマンガ調のイラストにしてみたり、配布するフライヤーをマンガチラシにしてみたり、セミナー参加者にマンガ冊子をプレゼントしてみたり…

ビジネスマンガは広告だけではなく、こうした集客用・営業用ツールとしても活用が可能です。

社内報やマニュアルとして活用

「社内向けの資料を作ったのに、読んでもらえない!」とお悩みの人事・広報・総務の方は、ぜひマンガの導入をご検討ください。

業務用マニュアルや、社内報のコンテンツなどは、有意義なツールである一方、なかなか読んでもらえないという悩みがつきものです。

社内報に掲載するマンガや、マニュアルを具体的なケースに落とし込むマンガなど、ご相談が増えています。

ビジネスマンガの制作に関するよくあるご質問

Q.シナリオを自社で作成した場合、料金は安くなりますか?

A.セリフまで決まっている場合、お値引き可能です。

Q.ページ数が決まっていないのですが、お見積り可能ですか

A.概算でのお見積りを提出することは可能です。どういった用途で使いたいのかなど要件をお伺いさせていただくために、お打ち合わせから実施可能です。制作したマンガ事例を元に金額をお伝えします。

Q.作成したマンガをWEB媒体だけでなく印刷もしたいのですが…

A.無償でご利用いただけます。二次利用についてはこちらのページで詳しく範囲を記載しておりますのでご覧ください。

Q.有名な漫画家に依頼をすることは可能ですか?

A.ご相談は承っておりますが、案件の内容次第で対応可否が異なります。また、マンガビズとして各有名漫画家の先生方と契約を行っているわけではないため、リストは保有しておりません。

CONTACT

無料見積り・ご相談・お問い合わせはこちら

広告マンガ・ビジネスマンガをご検討の際は、まずはお気軽にご相談ください。