WORKS

案件概要

フロントエンドエンジニアの採用を目的としたマンガ記事を制作しました。

FEATURES

読まれる記事を作るためにマンガを使う

ウェブアプリケーション開発を行っている企業様の案件として、フロントエンドエンジニアの求人を増やすために、オウンドメディアへ掲載するマンガ記事を制作/納品しました。当初はA4マンガ1枚のみのご相談でしたが、自社でメディアを運用されており、採用面談をセッティングする方はほぼ必ずそのメディアを見ているというデータがありましたので、マンガ記事を提案し、ご導入いただきました。

マンガ記事は、サムネイルのアイキャッチ性が高く、クリックして読んでもらいやすい特徴があります。更に、採用というテーマにおいて自社アピールを文字で綴ると押し売り感が出がちなところをマンガにすることで、最後ままで離脱することなく読んでもらえてかつ、エンジニア職の魅力にも気づくことができるという記事になっています。

マンガ記事の構成2パターン

マンガ記事には2種類のパターンがあります。それぞれ一長一短ありますので、記事の目的と性質に応じてパターンを選択します。

パターンAはマンガと文章を交互に並べるものです。この場合、マンガで取り上げられている内容の補足をテキストで行うという構成が大半です。マンガLPでも多い構成です。

マンガで課題や問題提起を行い、テキストで補足や解説を行う場合は、このパターンAが向いています。文章だけではイメージさせることが難しい内容や、内容をしっかり伝えたい場合は、パターンAのような形でマンガをアイキャッチ的に活用する方法をオススメします。

パターンBはマンガを一通り掲載した後、テキストで補足を行うものです。マンガにボリュームがある場合や、文章自体をしっかり読んでほしいときに使われるパターンです。

この場合、マンガは問題提起というよりストーリー訴求で使われることが多いです。マンガを読ませたあとで、マンガの内容からポイントを抜き出して解説するような形で、マンガとテキストはそれぞれ独立したコンテンツとも言えます。マンガがメインでありつつ、コラムを入れて読み物を作るときはこのパターンがおすすめです。

いずれのパターンも、マンガ記事として公開するのであれば、記事の設計段階から企画を行うことが重要です。マンガビズではマンガ記事の丸投げサービスを取り扱っておりますので、ご興味がある方はぜひご相談ください。

制作概要

クライアント

ウェブアプリケーション開発会社

制作内容

マンガ記事

制作目的

採用

CONTACT

無料見積り・ご相談・お問い合わせはこちら

広告マンガ・ビジネスマンガをご検討の際は、まずはお気軽にご相談ください。